あなたの健康はあなたが守らなければなりません

死に至ることも

聴診器をあてる

無呼吸症候群になると起こる色々な弊害

睡眠時無呼吸症候群というのは、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。この無呼吸症候群の特徴は、大きないびきが起きることです。睡眠中に気道が狭くなることで、息を吸い込んだときに大きな音がでます。また、無呼吸症では十分な酸素が得られず酸欠状態となるので、起床時に頭痛が起こることも特徴です。 この症状になると、体にさまざまな弊害が現れます。その1つが、昼間に仕事をしている時にだるさや猛烈な睡魔を感じます。というのは、十分な酸素が脳や体に届かないために熟睡することができないからです。また、長時間の酸欠状態により、高血圧や動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。あるいは、糖尿病が悪化したりします。

症状を緩和するための方法

無呼吸症候群を改善するためには、病院での治療が有効です。病院では、基本的にスリープガードで無呼吸症候群の症状を緩和してくれます。このスリープガードは、睡眠中に装着するマウスピースのようなものです。スリープガードを装着することで、自然に下あごが前に出て、気道が広がります。その結果、呼吸がしやすくなるために症状が改善されます。 このスリープガードは、装着時の違和感があまりありません。なので、睡眠中でもきちんと熟睡することができます。また、顎関節への負担が少なく、装着中でも話ができるなどのメリットがあります。しかも、スリープガードは口腔内の状態が変化しなければ長期間使用できます。よって、非常に経済的な治療法といえます。