あなたの健康はあなたが守らなければなりません

耳の病気

手が痛い

メニエール病はめまい発作をおこす耳の病気です。

メニエール病は、突然おこるめまい発作を特徴とする耳の病気です。その原因としては、内耳のリンパ嚢という場所でリンパ液が貯まって水ぶくれの状態になることが考えられています。多くは片方の耳でおこりますが両耳でおこることもあり、30代から50代に多く男女差はありません。めまい発作が長いときは数時間のこともあり、難聴・耳鳴り・耳が塞がった感じ・ふらつき・吐き気や嘔吐などを伴う場合もあります。 めまいのない時には、耳鳴りだけが続いたり耳が塞がった感じ・難聴・眠気などが残ったりします。メニエール病の診断は患者さんの病歴によって推測されますが、他の耳の病気や脳神経の病気と区別するために聴覚検査・平衡感覚を調べるための眼振計を用いた検査や画像検査もおこなわれます。

治療では薬の効果がみられないとき手術が検討されます。

メニエール病の治療としては、内リンパ嚢での異常なリンパ液の貯まりを減らすために体の余分な水分を出す利尿剤を用いる方法があります。食事で塩分量の少ない食品を摂ることも必要です。めまいや吐き気などに対しては、メニエール病と同じような症状がみられる乗り物酔いの薬で効果があることがあります。薬による治療が全く効かないときには手術が考慮されます。 手術治療の一つに、内リンパ嚢が広がれるように周囲の骨を削ったりチューブを入れるなどしてリンパ液の圧力を減らす方法があります。この手術で平衡感覚や聴覚が失われることはありません。なお症状が改善されない場合の治療法として、聴覚神経を維持して平衡感覚をつかさどる前庭神経を選択的に切断する手術があります。